クラブ紹介

会長方針

2018~2019年度 東京武蔵村山ロータリークラブ 会長 倉内 淳<

2018~2019年度
東京武蔵村山ロータリークラブ
会長 倉内 淳

私が学んできたロータリーは慈善団体ではありません。
貧しい国や人の援助を目的とした単なる奉仕団体でもありません。
お金を集めて、寄付をすることが主目的の団体でもありません。
ロータリーの本質には素晴らしい魅力があります。
(これを説明するのは大変難しいことです)
それを会員の皆さんとともに学び、再発見したいと思います。

活動方針

 2018~2019年クラブテーマ 『親睦・研修・実践』
基本に立ち返り、素晴らしいロータリーライフを!

  • 『親睦』
    例会と親睦事業の充実
    例会出席が基本。他の会員との交流の中でたくさんの学びが得られます。親睦事業に積極的に参加しましょう。
  • 『研修』
    研修リーダー、プログラム委員会を中心にロータリーの発生から現在までの歴史と変遷を学び、それぞれの会員がロータリーの本質を知り、自分のロータリー観をもっていただきたいと思います。
  • 『実践』
    各奉仕委員会活動に積極的に参加しましょう。学んだことを日々の職業の中で実践しましょう(職業奉仕)各奉仕活動に参加して実践しましょう(社会奉仕、国際奉仕、青少年奉仕)
  • 『親睦』『研修』『実践』を通じロータリーの本質を学び、素晴らしいロータリーライフを発見し、体験しましょう!